• 職員の視野を広げてくれる介護セミナー

    高齢化社会が深刻な問題となっている日本においては、平成12年4月に施行された介護保険法が施行されました。
    高齢者介護を支えている介護業界のますますの発展は必要不可欠であり、その根幹を支えている現場の職員たちは大切な存在であると言っても過言ではありません。



    充実した保険サービスを提供する為に、現場の職員の質の向上と熟練職員の充実は欠かせない条件でもあります。

    大変な仕事でありながら、給料水準も決して高いといえないこの職業は離職率も高くなっています。
    志を持って就職しても、日々心身の状況が変化していく高齢者の日常生活支援は簡単ではありません。

    人と向き合う仕事だからこそ、精神的にも壁にぶつかって悩むスタッフは少なくないのです。

    小さな事業所で運営していることも多いこの業界では、職員の関係性は密になります。


    少ないスタッフが協力し合って毎日の生活を支えているのでチームケアを行う力は培われていきます。

    しかしながら、少ないスタッフの中で毎日の支援を行っていると、ある部分では閉鎖的な環境でその日常が当たり前になってきてしまうリスクもあるのです。

    T-SITEをご紹介いたします。

    介護セミナーは近年たくさん執り行われています。

    新人職員から中堅職員、管理者までセミナーの対象者やその内容も様々です。

    現場のいちスタッフがセミナーに参加する事は非常に有意義な効果があるのです。



    セミナーに参加すると、自分とは違う事業形態のサービススタッフや、同じサービスを提供していても全く別の法人が運営していれば、その運営方法は全く変わります。


    たくさんのスタッフと交流してグループディスカッションで話し合うことで今まで当たり前だと思っていた自分の事業所でのやり方に疑問を持てるようになるのです。疑問を持てば、よりよくしていくためにはどうすればいいのかを考えるようになります。


    視野が広がることはサービスの質の向上には欠かせないのです。