• 介護セミナーはだれのためのもの?

    高齢化、少子化、障がい。

    現在の日本が外に外に認知を広めてきている福祉の世界です。

    これはとても良いことですし、学ぶ機会も増えてきました。



    特に自身や家族の問題にもつながる「介護」という点において不安が尽きない昨今、介護セミナーと呼ばれるものが注目を集めているのです。

    気になるNAVERまとめに関する疑問が解決できます。

    一昔前は家族がみんなで、親や、祖父の世話をあたるのが一般的でした。
    核家族化、孤独化していく人から介護人口の減少もあり、大きな課題となっている中、セミナーによって必要な知識や技術を身に着けることができるのです。

    そのほか、同じ境遇に置かれた人を講師に招き、課題解決の実践講演会なども行われるようになったり、専門職から、自宅での生活支援や認知症の基礎知識、服薬管理の勧めなど、テーマに沿ったセミナーも大きく展開してきました。

    福祉従事者だけでなく、地域包括ケアシステムの理想構築のため、一般の人を巻き込んだ福祉セミナーが広がっています。
    自助、互助、共助、公助の確立のなかで、福祉、介護セミナーの需要、重要性が増えてきています。
    自分にはまだ早いと感じる方もおられるかと思いますが、人は必ず老い、誰かの助けなしでは生きられなくなるのです。

    単に食事、入浴、排せつなどの身体的な手助けだけではなく、その人が一人でできなくなったことを手助けすることが介護なのです。
    人はだれかの役に立てるのです。いつか起きる自分への要支援状態の前に自分から人と生きる道を選ぶのもよいでしょう。