• 介護保険で使用する事務ソフト

    • 介護保険制度で利用する事務ソフトは、主にケアプラン関係のものが多いです。


      そもそもこの制度はケアプランを中心に考えていくものですから、計画を立ててその計画通りに進捗しているかどうか、また利用者やその家族の状況、要望に応じた対応が出来ているかどうかなどを判断していく必要性が生じます。

      そのためには手書きで作業を行うのはもはや非効率ですから、介護関係の事務ソフトを利用して対応をするのが一般的というわけです。



      ケアプランを基にしてケアを行っていく課程において問題が無かったかどうか、サービス提供の記録いわゆるケース記録が非常に重要な意味を持ってきます。
      この記録があることでサービス提供をしっかりと行ったことの根拠になり得るからです。

      この記録がない場合にはサービス提供を行っていないと見なされる場合もあるので、事業所側はケアプランとともにしっかりと保管、管理が求められます。
      このように介護保険は記録などの書類の管理が非常に重要で、事務ソフトが無ければ管理が難しくなってしまいます。

      nanapiについての意見を伺いました。

      また、日々状況が変化する中で対応をするためには、一々紙をめくっての対応というのは非現実的です。

      他の事業所などから渡される場合には紙での管理も行いますし、大多数は紙ベースで管理を行うものではありますが、省力化に向けて管理を行う上でも、介護保険専用の事務ソフトの導入は、もはや必須となっています。

      ただ、その導入に当たっては事業所ごとで使いやすいものをより選んで対応に当たっている現状があります。



  • よく解る情報

  • ためになる福祉

    • 職員の視野を広げてくれる介護セミナー

      高齢化社会が深刻な問題となっている日本においては、平成12年4月に施行された介護保険法が施行されました。高齢者介護を支えている介護業界のますますの発展は必要不可欠であり、その根幹を支えている現場の職員たちは大切な存在であると言っても過言ではありません。...

  • IT関係の情報・難しくないIT

    • 介護の請求ソフトについて

      介護の請求ソフトを購入しようとした際に数多くの中からピッタリのものを選ぶのにはポイントがあります。今回はそのポイントを紹介します。...

    • 介護保険と請求ソフト

      介護保険の請求のための、専用の請求ソフトがあることをご存じなのは、おそらく実際に使ったことのある方だけではないでしょうか。請求ソフトの種類によって、使い方や使いやすさ、機能に差があることは、使ったことのない方でもなんとなく想像がつくかと思います。...